ビフィズス菌の発見や名前の由来について

人間の腸内は、たくさんの細菌がすみついているそうで、その数は100種類以上もあり、個数は100兆個にも達するそうです。

このようないろいろな種類の細菌が、たくさん集まって腸の中に、微生物の生態系を構築するそうですが、この微生物の群集を腸内フローラと呼ぶそうです。

腸内フローラの構成は、食生活や年齢などによって、一人ひとり異なってくるそうですが、生まれたばかりで母乳によって栄養を得ているような赤ちゃんの場合は、その90%がビフィズス菌で占められているそうです。

ビフィズス菌は、健康に良いという話は、よく聞きますが、赤ちゃんの頃はもともと人間の腸内に豊富に存在するものだったようで、年齢を重ねるごとに少なってくるようで、赤ちゃんの時には腸内細菌の90%を占めていたのに、成人になってくると10%ぐらいに減少するそうですし、60歳ぐらいの老年期になってくると1%以下にまで減ってしまうそうです。

ビフィズス菌の減少を最小限に抑えることは、健康の維持するためには大切なことだそうです。

ビフィズス菌が発見されたのは、1899年のことだそうですが、健康な母乳で育った赤ちゃんの糞便から発見されたそうです。

ビフィズスという名前は、V字やY字に枝分かれした独特の形態から、ラテン語の「分岐」

を意味する言葉から名づけられたそうです。

ビフィズス菌が人間の腸内に1~10兆個存在すると言われているそうですが、その数は年齢とともに減少することになるそうですが、その現象をできるだけ抑えるようにすることは、健康の維持のためには大事なことになるようです。

健康のために良い菌を善玉菌というような言い方をしますが、ビフィズス菌はその代表的な菌のひとつに挙げられていますし、その数をできるだけ多くすることは、腸内で悪玉菌の繁殖を抑えることにもつながるそうです。

そのようなこともあって、健康のための有効性や安全性が科学的根拠によって証明されている食品であることを示す健康保険健用食品にも認定されているそうです。

ビフィズス菌のことについては、こちらのサイトが参考になると思います。

ビフィズス菌を効率良く摂取するには